MENU 施術内容/スタイル 加圧/パーソナルトレーニング
料金/コース 営業案内 所在地 FBページ ブログ

2012年11月05日

専門学生時代の新聞記事

専門学生時代、現役のプロキックボクサー(当時はチャンピオン)という経歴で、学校がプレスリリースを出してくれたため、何度か新聞社から取材を受けました。

多分、言ってないことも載ってますし恥ずかしいのですが(笑)、見つけたので載せておきます。

朝日新聞
ASAHI20060203.jpg

読売新聞
YOMIURI20060222.jpg

東京新聞
TOKYO20060125.jpg


posted by ひむか治療院 at 20:01 | 施術者紹介

2011年04月30日

院長紹介

院長プロフィール


松本 浩幸

宮崎県出身 上京後はずっと八王子在住


中高は柔道部に在籍、二段に。高校卒業後、進学のため上京、柔道部に在籍しながらキックボクシングジムに入門。間もなくキックボクシング一本に絞り、20歳でプロデビュー。デビュー戦は1ラウンドKO勝ち。


都内のスポーツクラブに勤めながら試合を続け、顎の骨折や網膜剥離にめげず、王座を獲得。

運動神経に自信が有るわけでは無く、中学の時に柔道部の友人と競って始めた「筋トレ」から少しずつ発展していったトレーニングが実を結んだと考えている。


鍼灸との出会いは2度目のメインイベントが決まった後。

自転車で横断歩道を横断中、不運にも飲酒運転の車に信号無視で突っ込まれ、腰にダメージを負う。

欠場も勧められたが、ジムの会長から紹介された鍼灸院に通い、欠場を回避した。


すぐに鍼灸学校に入学とはいかなかったが、非常に不思議で効果的な治療法に魅力を感じ、鍼灸関連の書籍を読んでは「いつかは・・・」と思うようになる。


その後やっとの思いで入学。プロキックボクサー、鍼灸学生、スポーツクラブインストラクターという3つの草鞋を履いて3年間時間に追いかけ回され、無事に鍼灸師となる。
※専門学校時代に掲載された新聞記事を発見しました!

卒業後間もなく長野式臨床研究会で「長野式鍼灸治療法」を学び、自分の治療の柱とすることに。
現在もマスターセミナーを受講すると共に症例検討会へ参加。治療技術の研鑽を続けている。



〜ひとこと〜

ひむか治療院のホームページに来ていただき、ありがとうございます。
院長の松本浩幸と申します。

「私の今までの経験を活かし、トレーニングジム併設の治療院をつくりたい」
その思いをやっと形にすることが出来ました。

プロキックボクシングの選手時代も故障や体調不良に悩み、行き着いたのがトレーニングと鍼灸治療でした。
その経験を皆様のお役に立てることが出来れば幸いです。

鍼灸治療は勿論、スポーツジムで10年以上、整体院所属のパーソナルトレーナーとして5年以上勤めた経験を活かしてそれぞれに合わせたトレーニングやストレッチも指導致します。
2007年4月までプロキックボクシングのチャンピオンとして自らの能力を高めるトレーニングを続け、現在は所属ジムのトレーナーとしてプロ選手の育成も行っており、フィジカル向上させるトレーニングの指導も得意です。
また、試合ごとに10kg以上の減量を行っていたので、減量・栄養・サプリメント等の知識も豊富ですので、そちらもお任せください。

m1s.jpg


posted by ひむか治療院 at 02:50 | 施術者紹介